カクテルマイスターが教える”ブランデー”

どうもみねです。t

今回は、ブランデーについて解説していきます。

 

ブランデー

 ブランデーといえば、高級なバーで男性がしっぽりとグラスを傾け楽しんでいるイメージですよね。しかし、ワインを蒸留して作られていることもあり、味わいはフルーティで女性でも十分楽しめるお酒です。

ブランデーとは、一般的にはぶどうを原料にしたものをいいますが、他の果物を原料にしているものもブランデーといいます。主に、白ぶどうのワインを蒸留して作られます。蒸留後は、オーク樽に詰めて熟成させています。

ブランデーの種類は主に2種類です。

グレープ・ブランデー

 ぶどうを原料にしたブランデーです。コニャック、アルマニャックなどフランス産のブランデーやぶどうの搾りかすを発酵させたマール、グラッパなどがあります。

フルーツ・ブランデー

 ぶどう以外の果物から作られたブランデーです。主な原料としてりんご、チェリー、イチゴ、西洋ナシがあります。

 

また、ブランデーを語るには欠かせないフランス産の2つのブランデーを紹介します。

コニャック

 フランスのコニャック地方周辺で製造されるブランデーです。世界的に有名で、愛飲されています。香り深く味わい深いのが特徴です。

アルマニャック

 フランスのアルマニャック地方で製造されるブランデーです。コニャックに比べると力強くフレッシュな味わいが特徴です。現在では、アルマニャックでもコニャック式の蒸留が認められたため、以前よりも軽めの酒質で作られています。

ブランデー使ったカクテル

 サイドカー

 ブランデーベースの定番的カクテルです。

ブランデー、ホワイト・キュラソー、レモンジュースを使います。柑橘系のリキュールであるホワイト・キュラソーと相性の良いブランデーを合わせることですっきりさわやかな味わいになっています。

 デビル

 「悪魔」という意味のカクテル。

ブランデー、グリーン・ミント・リキュールを使います。名前とは裏腹に、グリーン・ミント・リキュールのさわやかな香りが広がる一杯です。ただ、アルコール度数が高めなので飲みすぎには注意です。

アレキサンダー

 

 デンマーク王妃、アレクサンドラがイギリスのエドワード7世との婚礼時に記念で作られたカクテル。ブランデー(コニャック)、クレームド・カカオ、生クリーム、ナツメグを使います。

クリーミーで女性向けのカクテルです。

ーーーーーーーーーーーーーー

いかがだったでしょうか。

ブランデーは、購入しようと思うと少し値が張りますが、とてもおいしいお酒です。

バーに行ったらぜひ飲んでいただきたいお酒です。