カクテルマイスターが教える”カクテルの分類”

どうもみねです。

カクテルというものは、飲む所要時間やTPO によって分類や名称があり、その場に応じたふさわしいカクテルが判断しやすくなります。

このカクテルの分類を覚えておくだけで、これからバーでお酒を飲む際に便利だと思います。

 

カクテルの分類

 

飲む所要時間での分類

 

ショートドリンク

 短時間で飲み切ることを前提として作られたカクテルのことを「ショートドリンク」といいます。一般的にアルコール度数が高く量が少ないのが特徴です。

ロングドリンク

 「ロングドリンク」とはその名の通り、比較的長い時間をかけて飲むカクテルんおことを指します。大き目のグラスで作られていて、氷が入っていることが多いです。

下記で説明しますが、温かいホットドリンクと冷たいコールドドリンクの両方があることがショートドリンクとの大きな違いです。「長い時間をかけて」といっても、あまり時間をかけすぎても、氷が溶けすぎたりして、水っぽくなってしまうので、味を楽しむには氷が溶けきる前に飲み切りたいですね。

温度による分類

 

コールドドリンク

 冷たいカクテルのことを指します。夏に飲むことがふさわしいことから「サマードリンク」とも呼ばれています。適温は6~12度くらいになります。

ホットドリンク

 温かいカクテルのことを指します。冬に飲むのにふさわしいことから「ウィンタードリンク」とも呼ばれます。適温は62~67度くらいです。

TPO別の分類

 カクテルには、時間帯や場面などでそのシーンにあったカクテルがある程度決まっています。それぞれそのシーンごとに名称付きで分類されています。

食前酒

 食前に飲むことでのどを潤し、食欲を増進させる目的で飲まれます。一般的には辛口で甘みの少ないさっぱりとしたカクテルがこれに当たります。

食後酒

 食後の口直しや消化促進の目的で飲まれます。比較的甘みが強く濃厚なカクテルがぴったりだと思います。

オールデイドリンク

 食前酒や食後酒など、シーンにとらわれずいつ飲んでもいいという意味のカクテルです。欧米ではさらに就寝前や夜遅い時間など、より細かい時間やシーンによって分類されています。

ビフォーディナードリンク

 食前酒と似たような意味合いですが、食前から食中にかけて飲まれるのがこのカクテルです。食前酒よりも、ディナーの前に飲むという意味では少し優雅なニュアンスも含まれています。

サパーカクテル

 夜遅い時間に飲まれるカクテルのことです。いわゆる「寝酒」のことを「ナイトキャップ」というので、寝酒のカクテル版です。寝る前にリラックスして熟睡するために飲まれます。

クラブカクテル

 ディナーの前にオードブルやスープの代わりに出されるカクテルのことです。このカクテルの存在を知らないと、ディナーの際にオードブルが来ない理由がわからずに恥ずかしい思いをしてしまう可能性があるため気を付けましょう。

ーーーーーーーーーーーー

カクテルには、それぞれシーンごとに飲まれる種類に特徴があります。

シーンごとのカクテルを把握することで、カクテルを注文する際に迷わずスムーズに注文でき、TPOにあったスマートな印象を与えられます。