カクテルマイスターが教えるカクテル入門”バーに行ったらこれを飲め!”

どうもみねです。

皆さん、バーに行ったら何を頼めばいいかまとったりしませんか?

そこで今回は、カクテル初心者でも比較的飲みやすいカクテルを紹介していきます。

 

ジントニック

どの店でもある程度飲みやすいアルコール配分で作られることから、最初の一杯に最適なカクテルといわれています。

ベースとなるジンにトニックウォーターを注ぎ、カットまたはスライスしたライムを添えたシンプルでさわやかなドリンクです。

ジンフィズ

 ジンベースのカクテルになり、ジンをレモンジュースと炭酸水で割り、シュガーシロップまたは砂糖を加えます。

フィズとは、カクテル用語で酸味と甘未を加えて炭酸水で割ったもののことを指します。

ジントニックと比べても、甘みが強く飲みやすいカクテルです。

モスコーミュール

 ウォッカベースのカクテルで、ウォッカジンジャエールとライムジュースを加え、ライムをカットして添え、スティックキュウリなどを添えることもあります。

本格的なバーでは、銅製のマグカップで提供されることが多いです。

ソルティドッグ

 ウォッカベースのカクテルで、ウォッカグレープフルーツジュースで割り、グラスのふちにレモン果汁で食塩を塗り付けます。この食塩をつけたものをスノースタイルといいます。

ピンクやレッドのグレープフルーツジュースを使用すると、美しく色づいたソルティドッグになります。

ちなみに、スノースタイルにしない場合は名称が”ブルドッグ”に変わります。

モヒート

 ラムベースのカクテルで、ミントとライム、砂糖を合わせてつぶし、クラッシュドアイスを加え炭酸水で割ります。

ミントの香りが特徴のカクテルで、夏にぴったりです。

カルーアミルク

 カルーア(コーヒーリキュールの一種)を使ったカクテルとなり、カルーアを牛乳で割ったものです。

コーヒーリキュールですがイメージと違い、苦みより甘みのほうが強いので女性に人気のカクテルです。

ミモザ

 シャンパンを使ったシャンパンベースのカクテルの定番です。シャンパンをオレンジジュースで割ったものがミモザです。

色彩がミモザの花に似ていることからミモザと呼ばれるようになりました。

ーーーーーーーーーーーー

いかがだったでしょうか。

もちろん、注文するものは人それぞれですが、オーソドックスなカクテルでも居酒屋で頼むものとバーで頼むものでは、味も見た目も全く違います。

自分が知っているカクテルを頼むのも一つの手では、ないでしょうか。